1/1

【新刊】ビッグイシュー471号(2024-01-15 発売)クイーン ブライアン・メイ

¥450 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

【特集】一期一会、新種発見
地球上には推定870万種もの生物が存在しているそうですが、学名が付いているのはそのうちの2割程度だとも言われています。残りの学名のない生物は、長い進化の歴史を生きてきた(いた)が、まだ人間に見つけられていないだけで、人間がその生物を発見し学名を与えた時、それは新種となります。
新種は生きた個体とは限らず、博物館に保管されていた標本がじつは新種だったり、絶滅した生物が新種であったりすることも。そして、分類学者だけでなく、専門外の人が先入観にとらわれず新たな視点から未知種を発見するケースもあります。
未知の生物が発見され、その生物が新種として記載されるまでには、どのような物語があったのでしょうか? 森久拓也さん(生物写真家)、田金秀一郎さん(鹿児島大学総合研究博物館)、今田弓女さん(京都大学大学院)、馬場友希さん(農研機構)、相場大佑さん(深田地質研究所)に話を聞きました。

TOP INTERVIEW
スペシャルインタビュー
クイーン ブライアン・メイ
今年2月、新たなボーカリストであるアダム・ランバートとともに来日し、全国4ヵ所全5公演のドーム・ツアーを行うクイーン。そのギタリストであるブライアン・メイが、ファンから寄せられた数々の質問に答え、今は亡き伝説のボーカリストであるフレディ・マーキュリーへの思い、自身の音楽活動で最も誇りに感じられた瞬間などを語ります。

リレーインタビュー・私の分岐点
株式会社ズクトチエ 共同代表 和田寛さん
登山、冬にスキー、頻繁に通った白馬 今、春夏秋の美しさを知ってもらいたい

国際記事
“ごみ”で着飾った荘厳で哀しい精霊たち
ごみを捨てる人がいる。その一方で、ごみに神秘を見出し、環境保護活動に役立てようと考える人もいます。それが写真家ファブリス・モンテイロです。シリーズ作「ザ・プロフェシー(預言)」では、世界各地の荒れ果てた地で、美しくも、ごみなどで着飾った精霊が地面からそそり立つ哀しげな姿を撮影。地球が一刻を争う状況に置かれていることを伝えようとしています。

WORLD STREET NEWS 世界短信

国内記事
手しごと ことはじめ
”ダーニング” あえて見せたい、繕い

Tansaレポート その2
PFOA 汚染地・大阪で PFAS 疫学調査スタート

連載記事
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
うなぎ総裁のアリバイづくり

コミック マムアンちゃん
ウィスット・ポンニミット

ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
同じだけ勉強しても友達に勝てません☆ バナナ・パンケーキ ☆

池内了の市民科学メガネ
寒い夜、健やかな眠りのために

読者のページ My Opinion 

販売者に会いにゆく
スウェーデン『ファクトゥム』ビョルネ

監督インタビュー
「北朝鮮」と聞いて思い浮かべるのは、そこに暮らす人々のことではなく、「金政権が世界に見てほしいと望んでいるものばかり」と話すのはドキュメンタリー映画『ビヨンド・ユートピア 脱北』を監督・編集した米国のマドレーヌ・ギャヴィン監督。脱北を目指す家族を記録する中で考えたこととは?

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥450 税込

最近チェックした商品
    セール中の商品